ホーム > 採用情報 > 教育制度
採用情報
教育制度
新入社員研修

新入社員が、配属後に社会人として自信をもって仕事に就けるための社会人マナーを身につけるとともに、会社・業界の基礎知識を学ぶ、いわば準備体操のような研修です。
研修では、人事部以外にも各部門の諸先輩方が講師となり、新入社員の目線でわかりやすく丁寧に説明することを念頭においた受入れ教育です。
この研修は、営業職・技術職・一般職の区分なく、更には研修の前半はグループ会社のすべての新入社員が一同に会して行いますので、これからの会社生活において良き仲間、良きライバルとなる同期の絆を深める期間でもあります。

階層別研修

入社後、職場での経験年数を重ねることで様々なスキルや知識が備わっていきます。その一方で、仕事を進める上での壁や課題にぶつかったりもします。
階層別研修では、入社後2年、3年、5年、10年、更にはグループリーダーや管理職といった階層に応じた研修を実施しています。
東テクをはじめ、全国のグループ各社から同じ階層の仲間が集まり、グループ討議を含め情報や課題を共有化し、さらなるステップアップに繋がるスキルや能力を身につけるとともにグループの一体感を醸成します。

技術研修 業界屈指の研修施設

2017年4月、東京都文京区に「東テクグループテクニカルセンター」を開設しました。
ここには、空調機、自動制御機器をはじめとする当社が扱う代表的な機器設備を設置し、実機を用いた研修ができる施設で、こうした研修施設をもつ企業は全国でも限られています。
当社の最大の強みは「技術武装」です。技術職社員を中心にこの施設で社員の“技術力”を強化し、実際の仕事に役立てています。
そのために自動制御の分野では日本でも名高い方が人事部に所属し、講師として社員の研修教育にあたっています。

また、研修は多岐に亘り、その中では仕事に必要な資格取得のための講座を開設し、社員の資格取得の早道になっている他、技術職以外の営業職社員向けにも基礎的な技術教育を実施しています。

研修所 建屋

テーマ別研修

定型的な研修に加えて、ニーズに応じた個々のテーマ別研修を実施しています。
例えば、営業ではいろいろな数字に関わることが多くあり、時には業績などの話題に話が及ぶこともあります。そのための経理・会計基礎を学ぶ研修であったり、企業、社員として当然備わっているべきコンプライアンスに関する研修などを行っています。
これらの研修は、時には外部研修機関やE-ラーニングを使って行うこともありますが、いずれも社員の会社生活や成長に資する大切な研修と言えます。

OJT教育

会社に入り配属されたのちは、その部門において指導担当者である先輩や上司と一緒に日常業務を行うことで多くのことを学び身につけていきます。いわゆるOJTです。
新入社員が配属され、最も多くのことを学ぶ機会がOJTであるとの認識のもと、配属された各部門が業務の流れや商品知識など新入社員のみなさんがこれから仕事をすすめる上で必要となる基礎的な事柄を徹底的に、且つ丁寧に指導しています。

社外研修

入社後、自分たちが扱う商品知識や機器の構造をより深く知るためにメーカー研修を実施しています。
当社が扱う空調機器、自動制御機器の主力メーカーの全面協力の下、メーカーの研修施設に行き、商品に関して一から学ぶ機会を設けており、営業あるいは技術のプロとしての一歩をスタートする体制を整えています。

社外研修