IR情報

成長戦略

東テクグループは「人と地球にやさしい企業」として、皆さまに認知されることをめざしています。そのために環境・省エネ・エネルギー事業の拡大を推進しながら、人材育成と技術力強化を図ることで企業理念の実現と収益性の改善を図り、企業価値の拡大をめざしていきます。

東テクグループの事業戦略

新設市場における商品販売・工事の確実な受注とともに、既設市場におけるリニューアル・メンテナンス需要の取り込みを図っていきます。

中長期的な市場の見通し

ストック市場とエネルギー分野が成長ドライバー

2020年に向けては東京オリンピック、またその先にかけては首都圏における多くの再開発プロジェクトが計画されており、建設業界においては受注拡大が続くと予想されます。また、エネルギー分野においても、エネルギーの多様化にむけた政策の推進が今後加速すると思われます。東テクグループは、豊富な機材と工事、保守・メンテナンスまでの総合的な対応力を発揮して、これらの需要を取り込んでいきます。

ストックビジネスの拡大

近年は既設物件のアフターサービスや省エネ対応の改善提案、改修更新のニーズが高まってきています。これら既設物件は新規事業と比較しても収益性が高く、東テクの利益成長に大きく貢献しています。今後も、既存の設備に対するストックビジネスにより力を入れることで、安定的・持続的な成長の実現をめざしていきます。