新入社員座談会

新入社員座談会

2017年4月、東テクで社会人デビューした新入社員は41名。今回は異なる部署で活躍する新卒1年目の4名が集まり、入社の経緯から、各部署でどのように成長し、どのような東テクライフを送っているかを語り合ってもらった。 ※2017年11月取材

DISCUSSION-MEMBER

  • 大田 崚平空調事業統括部
    東京空調事業部
  • 蒔田 義明計装事業統括部
    東京計装事業部
  • 中内 結依子エネルギー事業統括部
    東京エネルギー事業部
  • 恒吉 美来経営管理本部 総務部
Q.01

今の業務内容を教えてください。

蒔田 私は、空調設備や自動制御設備の保守点検や改修工事がメイン。自動制御設備は経年劣化に伴い、精度が劣る事があるから、新しい機種に更新する必要がある。だから、制御の精度を高めたり、現行の機種ならではの制御方法に変更する事で、より、高効率な設備運営をできるようにしてます。今はまだ、先輩が担当しているホテルや駅などの現場に同行させて頂き、仕事の一連の流れを身に付けている段階だね。
中内 私はエネルギーソリューション部で、施設の改修時などに省エネ機器を導入すると国や省庁から補助金が出る制度があり、その申請のお手伝い。現地調査をすることもあるよ。例えば、申請時の募集要項の条件が満たされているかの調査をすることも。
大田 私は、空調機器とその関連する設備の営業。色々なメーカーの商品を扱って、サブコンへの販売から、機械の手配などもやっています。今は先輩同行をしているけども、そろそろ、自分の担当を任せてもらえると思う。
恒吉 総務部では福利厚生や事務用品の手配を任されています。あとは、社員の人から様々な質問をもらうので、それを社内の決まりやルールに沿って運用できるように必要な社内書類や手続きの説明もしているよ。
Q.02

東テクを選んだ決め手はなんですか。

大田 私は商社希望だったこともあったし、人々が快適に暮らせる環境づくりに携わりたいという思いと、東テクの企業理念が一致したことが一番の理由。会社と同じ方向を向けることは重要だと思ったからね。
恒吉 私も、人と人の繋がりを大切にしているという会社の考え方にすごく魅力を感じたな。実際に選考の時や、入社後もそれを実感している。あとは、選考中に一般職の方にお話を聞かせてもらって、研修制度や福利厚生がしっかりしていて女性が働きやすいと知って、ますます「東テクっていいな」って思った。
中内 私は、会社説明会の雰囲気で好印象を持ったのがきっかけかな。あとは、空調というすごく身近で必要不可欠なものを扱っているという点と、内定後に、今の上司でもある女性の社員の方と食事をする機会があって、「女性もこういうキャリアを磨いて活躍できる」と知ったことで、ここなら安心して働けると思った。
蒔田 大学で機械分野を専攻していたけども、技術職はもちろん営業職にも興味があって悩んでいたんだけども、東テクだと幅広い事業をやっていて、キャリアを考えた時にどっちも経験できるというのを知って長く働くことができると感じて魅力的に映ったな。あとは、会社説明会や懇親会の時に若手社員や人事の方から、仕事に対する熱意がひしひしと伝わってきて「この会社なら絶対に成長できる」と思ったのが決め手かな。
Q.03

入社後の研修や
スキルアップはどうでしたか。

恒吉 3週間くらい、全国の同期全員で集合研修だったね。ビジネスマナーから業界の話、事業内容の説明や仕事の話を各部署の方にじっくりと教えてもらったよね。その後配属されてからも、先輩が毎日つきっきりで教えてくれて、どんなことでも質問できる雰囲気だったから心配はなかった。
大田 営業も集合研修の後に配属になって、そのあと東京配属の4人で1週間くらいの実務研修があった。夏頃には、メーカーの研修に3泊4日で参加して、そこでも空調の基礎や機械の知識をしっかりと学べたよ。
蒔田 技術職は、集合研修のあと、3週間の技術研修を東テクグループテクニカルセンターで行ったよね。建物全体のシステムが研修の教材のような施設ですごいんだよ。そこで基礎から応用まで勉強したから、配属後も現場で「これは研修でやったな」という感じ。
中内 そうそう。テクニカルセンターは空調機も制御機器も中央監視装置もすべて揃っていて、本番さながらの実践研修だったよね。私は改修現場工事の調査にも行くので、機器の仕組みなどを理解できたのはすごく役に立ったし、CADも使えるようになった。
Q.04

入社前と入社後の
ギャップを教えてください。

中内 私は、入社前に色んな方とお話をさせていいただいて、結構イメージできていたからあんまりギャップは感じなかったかな。強いて言えば思っていたよりも色んなタイプの人がいるけれども、みんな穏やかで優しい人が多くて安心したな。
蒔田 私も入社前に先輩社員と話す機会があっったから、あんまりギャップはなかったけど、思っていたより早く責任のある仕事を任せてもらえると思う。まだ、先輩の担当の一部だけども、やらせてもらえて想像以上に経験を積めていると感じる。
恒吉 私は会社というよりも社会人としてかもだけど、1日があっという間に過ぎる。それだけ集中していることに少しびっくり。もちろん仕事は大変なことはあるけれど、それ以上に面白さを感じる場面も多いし。
大田 私は、勝手なイメージだけども、建設業界は体育会系のイメージで少し不安だったけど、先輩達は優しく教えてくれるし、一つひとつ噛み砕いて説明してくれるよ。あと、部署や年齢、役職関係なく気さくに声を掛けてくれるし、相談に乗ってくれて嬉しかったな。
Q.05

これからの目標を教えてください。

大田 まず目先のものとしては、商品とかの知識の獲得かな。
恒吉 それは、私たち全員に言えることだよね、一日でも早くわからないことを減らしていきたいな。
蒔田 それで言えば、技術職は資格の取得にも挑戦したいな。
中内 私はエネルギー管理士の資格にチャレンジしようと考えているよ。あと、会社には様々な方がいて、皆さんお手本、目標となるような方ばかりだけど、逆に考えれば、同じ人はもちろんいない。だから、色んな方を参考にして、自分のスタイルというものを創りたいな。
大田 確かに!先輩方を見ていると、単に機械を売るというより、自分の「人」の部分で仕事をしている。早く一人前になって、私も「東テクの大田だから」と仕事を任されたい。
蒔田 私は仕事でミスをしたら自分だけの責任では済まなくて、先輩や会社が築いてきたものを壊してしまうという事を実感した。でも、そこで萎縮はしたくはない。さらに、その築いてきたものに、自分というプラスアルファを乗せていきたいな。
恒吉 私は感謝された時がうれしかったから、信頼されるようになりたいな。そのために、ミスなく、無駄なく仕事をすることと、時間の使い方を上手くなりたいな。