OJT研修
 

会社に入り配属されたのちは、その部門において指導担当者である先輩や上司と一緒に日常業務を行うことで多くのことを学び身につけていきます。いわゆるOJTです。
新入社員が配属され、最も多くのことを学ぶ機会がOJTであるとの認識のもと、配属された各部門で業務の流れや商品知識など新入社員のみなさんがこれから仕事をすすめる上で必要となる基礎的な事柄を徹底的に、且つ丁寧に指導しています。