沿革
1955 昭和30年 空調・同関連機器専門商社の草分けとして東京機工(株)を設立
1958 昭和33年 オートメーション部門を設置し、自動制御装置製作販売を開始
1960 昭和35年 ダイキン工業(株)と販売代理店契約を締結
1964 昭和39年 アズビル(株)と特約店契約を締結、制御部門へ本格参入
1967 昭和42年 日本初の空対空全熱交換器の国内総代理店となる
1973 昭和48年 日本ビルコン(株)を設立、ビル設備機器の施工、メンテナンス、設備リニューアルの体制を強化
1985 昭和60年 本格的な超高層ビルの自動制御工事を手掛ける
1986 昭和61年 東テク(株)に社名変更
1990 平成2年 東テクTASセンターを開設し、技術開発、エンジニアリング体制を強化
1993 平成5年 ジャスダックに株式を店頭登録
2002 平成14年 テクニカルセンターを開設し人材育成体制を強化
2007 平成19年 鳥取ビルコン(株)を系列下に加える
2008 平成20年 東テク電工(株)を系列下に加える
2010 平成22年 北日本計装(株)を系列下に加える
2016 平成28年 東テク北海道(株)を系列下に加える
(株)ディー・エス・テックを合併、九州支店を開設し全国ネットワーク網構築
東京証券取引所市場第二部へ市場変更
日本橋本町3丁目に東テクグループ本社を竣工・移転
2017 平成29年 東テクグループテクニカルセンターを文京区春日に開設
東京証券取引所市場第一部へ市場変更